18禁 セクシーNIGHT

歳を取っても風俗を使いたいんじゃ!

最近需要が増えているシニア、高齢者向けの風俗サービスの実態について。

Array平均年齢が伸びたせいか、最近の高齢者は年齢の割に若々しく見える人が多いようです。そうなると、当然ながらセックスも健在ということになりますから、最近の高齢者はいわゆる「老人」ではなくなっています。現実に最近の高齢者は性欲旺盛で、風俗に通う高齢者も年々増える傾向にあるといわれています。いまや、風俗遊びは若い世代だけの特権ではなくなりつつあるようです。

こういう時代背景を見越して、10年くらい前からシニア向けの風俗店が出始めていますが、現在ではチェーン展開している高齢者向け風俗店もあるほどの盛況ぶりです。つまり、それほどシニア向け風俗の需要が増えているということなのです。高齢者の中には、「若い女の子の肌に触れたい」という願望を持つ人が意外に多いようです。風俗に行けば簡単にそれが叶えられるので、風俗通いをする高齢者が増えているわけです。ちなみに、高齢者の風俗利用が増えたのは、年金制度のおかげだといわれています。年金のおかげで高齢者が自由に使えるお金があるので、誰にも気兼ねすることなく風俗通いができるからです。

シニア風俗の特徴としてはシニア向け風俗(デリヘル)では、60歳以下の利用を禁止しているところが多いようです。また、シニア向け風俗は、若い男性客向け風俗とはいろんな点で違いがあります。たとえば、風俗店のHPの文字を大きくして、HP自体もわかりやすく構成されているのもそのひとつです。違いはそれだけではありません。風俗のサービス内容そのものにも、大きな違いがあります。シニア向け風俗は、あまりヘビーなプレイは避けて、ライトなプレイを中心としたメニュー構成になっているのが特徴です。もちろん、ライトなプレイを中心にしているのは、お客の年齢や体力、健康面を考慮してのことです。

高齢者は、若い人のように過激なプレイは求めません。それよりも、若い女性とゆっくり過ごしたいと希望する人が多いので、外でのデートコースを取り入れる風俗店が増えています。デリヘルは、一般的に家まで出張して性的なサービスをするものですが、高齢者の場合は必ずしも性的なサービスは求めません。そのためシニア向けデリヘルの中には、恋人感覚でデートできるコースを中心に、メニューを構成している店もあります。なぜなら、高齢者の中には性的なサービスよりも、おしゃべりしたり軽くスキンシップしながら過ごすことを希望する人が多いからです。その理由として、高齢者は十分に勃起しない人が多いことが挙げられます。そのため、体の快楽よりも心の充実感を強く求める傾向があるのです。

歳ととっても男は男!年々増加し、進化しているシニア向け風俗に期待しましょう!

お願い

当サイトの記事はアダルト情報を多く含んでおり18歳以上の方を対象にしております。18歳未満の方は閲覧できませんのでご了承ください。